超回復って実際どういうもんなの?わかるやつ教えて

1無記無記名2017-11-23 11:12:11

お前ら2日続けて筋トレはしないの?

2日続けてはダメってのと3日やって1日休むのがいいとか

あとは基本アスリート並みに追い込まない限り関係ないとか説がありすぎてわかんね

51無記無記名2017-11-28 12:08:47

>>1

アスリートはいちいちトレーニング毎に全回復させて100%コンディションにしてるわけじゃないし。

試合前に調整して記録更新できる状態に持っていく。

通常(日常の状態)はPB出せるコンディションじゃないし。

トレーニーってのはトレーニングのたびに全回復させてPB更新できる環境に持っていきたがる

だから毎回調整してるようなものであって、それは長期スパンで見れば逆に効率悪い

231無記無記名2017-12-03 17:44:06


>>230

これも過去に書いたが筋肉の合成や分解やグリコーゲンなんかの視点で考えてるから超回復なんて意識してないよ俺は

個人的な価値判断がどうでもいいなら客観的な価値判断で超回復理論の凄さを教えてくれよ

超回復モデルのグラフのせいで>>1みたいな勘違いが蔓延してることをチャラにできるくらいのメリットが何かあったの?

269無記無記名2017-12-06 22:49:40

毎日やったらダメだと思ってる奴なんていくらでもいるぞ

嘘だと思うならまず>>1見ろ


270無記無記名2017-12-06 23:01:01

>>1はアンチ超回復の自演だから数に入れちゃダメ絶対

8無記無記名2017-11-23 12:34:57

シュワルツェネッガーの時代は、

プロのトレーニングは午前・午後の二回を週に六日…

休みは週に一日だけだってさw

ドーピングもやってたんだろうけど、それにしてもハード過ぎる。

それであの身体からね。

もう絶版だけど、シュワルツェネッガーのトレーニング本に書いてあるよ。

17無記無記名2017-11-23 13:43:01

同一部位を2日連続でやると伸びない

部位を変えれば一応大丈夫ではある

まあ自分でやってみるといいよ、72時間で回復するんだから同一部位週2でやってみるのもいいし

北島達也が言うような一部位週一でも

22無記無記名2017-11-24 09:03:55

超回復とは、トレーニングで筋力が一時的に低下した後、

回復後にはトレーニング前を上回る筋力になっている現象のこと。

トレーニングをしていれば当たり前に起きる現象。

25無記無記名2017-11-24 16:00:27

>>8

合戸選手も1日2回トレーニングだ。

>>17

日本記録&アジア記録を持つ鈴木祐輔氏はエブリベンチをやっている。

トレーニングのペースは人それぞれ。

>>22

まだそんな事を言っているのか?w

28無記無記名2017-11-24 19:31:31

>>25

具体的に>>22のどの部分が誤りなのか、説明してみ。

41無記無記名2017-11-27 23:06:27

h

42無記無記名2017-11-27 23:11:37

>>41

それ読みたいからウラル貼ってくれない?

43無記無記名2017-11-27 23:14:30

>>42

これやで

h

54無記無記名2017-11-28 12:37:15

>>51

超回復と言われる現象そのものとは関係ないな。

超回復と言われる現象の使い方の違いに過ぎない。

52無記無記名2017-11-28 12:29:54

PBが何かわからん

85無記無記名2017-11-30 16:16:00

>>52 ペ〇スバンド

63無記無記名2017-11-29 19:13:05

>>62

トレーニングしても、回復後にトレーニング前を上回る筋力にならないのであれば、誰もトレーニングなんてしないよ。

64無記無記名2017-11-29 19:56:21

エブリベンチによる成長を説明できない時点で欠陥理論

65無記無記名2017-11-29 21:14:17

>>64

トレーニングにより成長していること自体、超回復が起きている以外に説明がつかないじゃないか。

超回復なしにどうやって成長するんだよ。

68無記無記名2017-11-30 01:33:21

>>65

何ヶ月もかけて成長するのは超回復とは言わない。

71無記無記名2017-11-30 12:29:28

>>65

超回復の説明で使われるグラフってこんなんなんだが

これだと毎日やったら筋力落ち続けるだろ

超回復の定義を「筋トレしたら強くなる」だとでも思ってんの?

h

69無記無記名2017-11-30 01:47:04

>>68

え?なにそのとってつけた定義は

72無記無記名2017-11-30 12:58:45

>>68

何ヶ月もかけて?

一回のトレーニングごとにわずかづつ成長しているだろ。

一回一回のトレーニングで成長していないのに、どうやって何ヶ月か先に成長するんだよ。

何ヶ月かたった後に突然一気に筋肥大するとでも思っているのか?

80無記無記名2017-11-30 14:38:19

>>71

この図および波打つように登っていったり下がっていったりする図が超回復の全てだな。

筋肉の成長=超回復ってのは意味ないし、疲労の為に一時的に下がっていたのが回復しても前よりも超回復しているという実験結果もない。

数ヶ月後に筋力アップしているのに気が付いてもそれは超回復とは言わない。

75無記無記名2017-11-30 13:13:42

>>74

なるほどお前>>22か

その定義でいいと思うよ

俺が言いたいのはそのざっくりした定義で「回復時間は1日かもしれないし5日かもしれません」じゃ実際トレする上で全く役に立たないってこと

それじゃ「トレしたら強くなります」って言ってるのと変わらんだろ


76無記無記名2017-11-30 13:23:58

>>75

ざっくりしていようとしていまいと、超回復の定義は変わらんし、超回復という現象が存在することも変わらん。

77無記無記名2017-11-30 13:27:34

>>75

役に立たない?

超回復することを期待しているからトレーニングに励んでいるんじゃないのか?

78無記無記名2017-11-30 13:37:47

>>76

そこは否定しないよ

とにかく巨視的すぎて何の役にも立たないって話

>>77

役に立ったことある?

グリコーゲンの枯渇や補給、筋肉の合成や分解のメカニズムなんかをざっくり学んでトレと栄養のメニューを考えるけど

それによる成長を大きく「超回復」と呼ぶこと自体が何かの役に立った経験はないわ

79無記無記名2017-11-30 13:43:52

>>78

役に立っているよ。

俺がトレーニングをやっていること自体が、超回復が存在するからこその行為だから。

超回復が起きないならトレーニングなんて絶対にやらない。

81無記無記名2017-11-30 14:56:46

>>80

>数ヶ月後に筋力アップしているのに気が付いてもそれは超回復とは言わない。

言うよ。

毎回のトレーニングで筋力アップせずに、数ヶ月後に筋力アップするメカニズムを示してみ。

何ヶ月後とかいわなくても、数日前は5回しか上がらなかったものが、今回は6回上がるという経験はあるだろ?

まずは、毎回のトレーニングで筋力アップせずに、数ヶ月後に筋力アップするメカニズムを示すことから始めてください。


95無記無記名2017-11-30 23:00:52

グリコーゲン、筋肉の合成と分解、インスリンの働き、カロリーやPFC、その辺の勉強は実際役に立ったけどね

それが俺の願望だってか

96無記無記名2017-11-30 23:23:06

>>95

勉強が自分の役に立ってほしいというのはお前の願望じゃないのかよw

97無記無記名2017-11-30 23:34:44

>>96

実際その勉強と実践でトレ2年目くらいの停滞を脱出したしなあ

トレ一年目とかの頃は超回復とか関係なくとにかく筋肉痛じゃない時に適当にトレしてたし超回復の概念が特に役に立ってはない

「それが超回復って言うんですよ」って言われてもただの後付けの説明でしかない

もう一回聞くけど超回復モデルっていつトレーニーの役に立つの?

98無記無記名2017-12-01 03:26:58

>>97

初心者の面白いように記録が伸びていく時期だけだろうな。

99無記無記名2017-12-01 07:15:16

>>97

役に立つ立たないは超回復モデルが正しいかどうかと関係ない

「学校の勉強なんて社会に出てから役に立たねーよ」

「後付けの説明でしかない」

これは「グリコーゲン、筋肉の合成と分解、インスリンの働き、カロリーやPFC」でも同じこと

103無記無記名2017-12-01 10:06:00

>>99

だから俺は一回も超回復が間違ってるとか嘘とか言ってないっての

超回復モデルは現象をざっくり説明しただけのものでざっくり過ぎて役に立たない

栄養の話はそれと同じじゃねーよ

食事メニューや量をどうすればいいかとか考えられるだろ

101無記無記名2017-12-01 08:38:01

『超』ってネーミングに違和感があるだけなんじゃないかな

120無記無記名2017-12-01 15:11:36

>>101

超を付ける以上は有意差のある結果がないといかんな

104無記無記名2017-12-01 10:34:52

>>103

超回復が存在すると確信しているからトレーニングをしてるんだろ。

役に立っているじゃん。

109無記無記名2017-12-01 12:46:24

>>103

お前にとって役に立たないものが他人にとっては役に立つこともあるだろう

これを受け入れられないのはお前が独善家だから

106無記無記名2017-12-01 10:48:59

>>104

つまり超回復モデルからわかるのは「トレしたら強くなる」程度のことでしかないってことでいいかな?

111無記無記名2017-12-01 13:02:42

>>106

その通りだけど?

超回復とは、トレーニングで一時的に低下した筋力が、回復後にはトレーニング前を上回るという現象のことであって、

回復にどれだけの時間を要するかとか、回復していないのにダメージを与えるとどうなるかなどは、

超回復という現象の有無とは関係ない。

超回復という理論は、古来から生物の基本的特性として定義されていた恒常性(ホメオスタシス)とは、

異なる特性として提唱されたもの。

生物は、外部からの刺激でバランスを崩しても初期状態を保とうとする特性があるが、超回復では初期状態に戻るのではなく、

初期状態より強化された初期状態なることを発見して提唱したわけ。

誰なの役に立つとか立たないとかは、現象の有無とはとは何の関係もない。

123無記無記名2017-12-01 15:32:28

>>120

そこだけなんだよな

理論面では納得出来るんだが『超』って言われると、違うだろうって思う

『向上』とかそういった類いの言葉ならしっくりくる

137無記無記名2017-12-01 17:01:08

>>121

>>71の図をよく見ろ。

前と同じ程度に回復して数ヶ月後に結果が認識できる(決して急に筋肉痛が肉団子のようにつく事ではない)程度ならば>>71の図と合わないし“超“回復とも言えない。

後からどんどん定義を修正して誤魔化すんじゃないぞw


124無記無記名2017-12-01 15:35:29

>>123

「超」とは「こえる」「凌駕する」という意味しかない。

回復というのは「元に戻る」という意味で、元を超えた状態に戻るんだから超回復で妥当だろ。

125無記無記名2017-12-01 15:40:40

>>124

普通とは遥かかけ離れているという意味合いもあるよ

辞書で調べて

126無記無記名2017-12-01 15:48:07

>>125

普通の意味での「回復」は、元に戻ることなんだから、普通の回復ではない回復なんだからなにも不自然ではない。

144無記無記名2017-12-01 18:39:17

>>137

一回一回のトレーニングにおいて、トレーニング前より成長していないのに、

どうやったら数ヶ月後数年後に肉団子のようなマッチョになんるだよ。

どの程度なら超回復と言えるんだよ。

139無記無記名2017-12-01 17:21:28

超回復が説明しようとしてる現象そのものは本当

でもモデルとしてはガバガバすぎて使い物にならない

リンゴが木から落ちる現象を説明するのにニュートンは実験を重ねて万有引力というモデルを提唱した

このモデルのシンプルで美しい数式は相対性理論による説明を待つまでもなく様々なことに応用できた

超回復モデルは巨視的すぎて役に立たない

例えば例の回復グラフを数理モデルに落とし込めてれば大きな意義があったと思うがそれは無理だ

トレで実際に役に立つ理論を構築するにはもう少しミクロな視点が必要

生理学や栄養学なんかから知恵を拝借するしかないんだよ

145無記無記名2017-12-01 18:40:12

>>139

おまえの役に立つか立たないかは個人の価値観にしか過ぎないから興味はないよ。

159無記無記名2017-12-01 21:37:00

>>156は>>101宛てでした。

163無記無記名2017-12-01 21:49:36

>>161

おまえの論理だと、>>101には超回復とう単語はまったく出てきていないんだから、

よく読んでも何のネーミングのことかわからないんですけど?

前後のレスの流れをよく読めば>>124が超回復の超に関しての話題であることは阿保でなければわかる。

きみは何度自分を論破すれば気が済むんだ?

166無記無記名2017-12-01 22:23:45

これは超回復だとどう説明するの?

hhttps://www.buzzfeed.com/jp/bfjapan/100-pushup-challenge#.lpMZB5Kow

腕立て伏せを毎日100回×30日続けたらこうなった

167無記無記名2017-12-01 22:36:12

>>166

筋肥大してるじゃん。

筋肥大してんだから超回復している以外の結論はない。

184無記無記名2017-12-02 12:13:45

>>167

100回を毎日って超回復理論と全然違うと思うが・・

171無記無記名2017-12-02 00:12:37

第3者として俯瞰して読んでいたが、やはり「超回復」は理論としてはお粗末という印象かな。

超回復にかかる時間は人それぞれとか、理論じゃないでしょ。

174無記無記名2017-12-02 00:31:21

>>171

なんで?

176無記無記名2017-12-02 04:36:23

>>145

アカデミックな世界でも超回復理論をベースとして何かが発展した例を少なくとも俺は知らないけどな

知ってるなら教えて

>>171

わかってくれて嬉しい

超回復モデルは普遍的な法則を抜き出した理論にはなれなかったんだよな

相変わらず現象とモデルの区別がついてない奴が騒いでるけどね

178無記無記名2017-12-02 08:27:33

>>176

理論をベースに発展するってどういうこと、その発展した理論とやらを例示してどんな発展をしたのか教えてもらえないか?

180無記無記名2017-12-02 10:46:43

結局>>176もネーミングに違和感持ってるだけ

現象

モデル

理論

この3つをはっきり区別する定義なんてあるの?

仮に「俺様は持ってる」として、その定義は他人と共有できてるの?

181無記無記名2017-12-02 11:11:30

>>178

>>139には万有引力の例を書いた

優れたモデルというのは広い範囲に応用できる

超回復は一定条件下での現象をざっくり説明しただけのもので普遍的なモデルではない

>>180

現象とモデルは全く違うよ

共有できてるか?あらゆる科学系の学会で共有できてるだろ

理論とモデルが別だなどと書いた覚えはない

189無記無記名2017-12-02 15:35:26

>>184

その超回復理論とやらを示してもらおうか。

ソースつきで。

185無記無記名2017-12-02 12:18:51

48〜72時間に例外が多いというのは同意だな

しかしそれ以外に否定する要素があるかなぁ

トレーニングは頻度が高すぎても低すぎても効果が得られないという現象をうまく説明できてると思うけど

190無記無記名2017-12-02 18:35:31

>>185

それ以外にっていうけど要の部分が間違ってるんだからむしろ超回復理論を肯定できる要素がないよ

トップクラス含めボディビルダーでも超回復理論に従ってない人がたくさん居る時点で完全アウト

191無記無記名2017-12-02 18:51:02

>>190

時間のところが要だとは思わないなぁ

頻度が高すぎても低すぎても効果が得られないというのは間違ってないでしょ

192無記無記名2017-12-02 19:54:51

>>191

それだとアバウトすぎるから理論としては具体的な所要時間の設定が要になるんじゃないかな

高すぎも低すぎもって言葉としては間違ってないけど高すぎって具体的にはどのくらいのことを言ってるの?

193無記無記名2017-12-02 20:21:40

>>192

アバウトでもコンセプトが伝わればじゅうぶんだと思うけどなぁ

具体的にどれくらいから頻度が高すぎるかは運動の内容によって全然違うでしょう

何セットも限界まで追い込むようなデッドリフトなら3日に1回でも疲労が抜けなくて重量は落ちていくだろうし

1発しか挙げないなら毎日やっても伸びそうだし

198無記無記名2017-12-02 20:41:36

>>193

確かに理論はアバウトで後は自分に合わせて調整するっていう位が現実的で良いような気もするね

あと説明からすると内容に見合った頻度が大事ってことだから頻度が高すぎたら効果を得られないっていうのとは違うようだね

200無記無記名2017-12-02 20:50:38

>>198

頻度が高すぎたらデッドリフトの重量は下がっていくだろうから、望んだ効果を得られないということだと思うけど

226無記無記名2017-12-03 16:57:38

超回復モデルがガバガバだっていう根拠なら散々書いたけどな

改めて思いつくのを羅列しようか

回復までの時間はわからない(1日かもしれないし1週間かもしれない)

超回復の継続時間はわからない

停滞を説明できない

栄養を考慮してない

睡眠を考慮してない

運動強度を考慮してない

トレのセットの組み方を考慮してない

これが何の役に立つんだよ

唯一出たのが「トレしたら強くなることを超回復理論で知った!」だもんな

227無記無記名2017-12-03 17:13:13

>>226

回復までの時間なんて超回復の存在には何の関連もないじゃん

229無記無記名2017-12-03 17:25:25

>>227-228

何度も言わせるな

一定条件下では「トレしたら疲れるけど強くなる」はそりゃ事実だよ

でもそれをそのままモデルとしたところで役に立たないと言ってる

超回復が嘘だとは言ってない

230無記無記名2017-12-03 17:31:06

>>229

何度も書かせるな。役に立つとか立たないとか個人的な価値判断なんてどうでもいいんだよ。

超回復が起きるという確かな理論が存在するからこそ、回復にかかる時間を気にするんだろ?

回復時間を気にしていることこそ、超回復理論が根底にあるという証左だ。

243無記無記名2017-12-03 22:36:25

>>230

あんた、それは屁理屈だよ。

普通は、「超回復は48時間〜72時間かかるから、トレ後は休まなくちゃダメだよ」という具合に使われてきただろう。

それが違う場合が多々ある、ってことなんだから。

48時間〜72時間は同じ部位はトレしたらアカン、というのが一般的な使われ方。

あんたがそのように使ってないかどうかはそれこそ関係ない。

244無記無記名2017-12-03 22:36:53

>>230

あんた、それは屁理屈だよ。

普通は、「超回復は48時間〜72時間かかるから、トレ後は休まなくちゃダメだよ」という具合に使われてきただろう。

それが違う場合が多々ある、ってことなんだから。

48時間〜72時間は同じ部位はトレしたらアカン、というのが一般的な使われ方。

あんたがそのように使ってないかどうかはそれこそ関係ない。

232無記無記名2017-12-03 17:50:08

>>231

意識しているか否かなんてどうでもいいんだよ。それは単なる無知ゆえの所業に過ぎないんだから。

超回復が起きるという確かな理論が存在するからこそ、回復にかかる時間を気にするんだから。

回復が確かじゃないとしたら回復時間なんて概念も存在しない。

233無記無記名2017-12-03 17:52:18

>>232

回復と超回復がごっちゃになってない?

235無記無記名2017-12-03 17:55:14

>>233

超回復のことしか述べていないけど。

236無記無記名2017-12-03 18:04:57

>>234

いやだからそれが嘘だとか言ってないってば

>>235

そうは見えないけどまあいいや

超回復よりミクロな視点の栄養学や生理学の知識を拝借してトレすることのどのあたりが「無知ゆえの所業」なのか後学のために教えて

237無記無記名2017-12-03 18:17:45

>>236

ミクロな視点は、超回復というマクロな現象が存在することに立脚しているから。

238無記無記名2017-12-03 18:24:51

>>237

すまんワロタ

まあとりあえず「超回復はモデルとか理論とかじゃなくて現象の名前でしかないよね」ってところでは一致してそうだしすでに話がループしてるからもう抜けるわ


242無記無記名2017-12-03 22:33:39

トレーニングは頻度が大切だよということを分かりやすく説明するのに、超回復のグラフは役に立つと思うけどなぁ

258無記無記名2017-12-05 09:24:02

>>242

その結果大量発生するのがエブリベンチ絶対許さないマンだよ

246無記無記名2017-12-03 23:07:19

>>243

回復に何時間かかるかんて超回復とは無関係の尾鰭だ。

247無記無記名2017-12-03 23:24:13

>>244

その一般的な使われ方が誤ってただけだろ。

怪我にしても、疲労にしても回復に要する時間なんて人それぞれだし、同じ人でも環境により様々なんて当たり前のことなのに

48〜72時間みたいな適当な民間療法みたいな風説が超回復とセットで一人歩きして、無知な人間が盲信していただけだわ。

軟膏がコラーゲンでできているということと、コラーゲンを飲むと傷んだ軟膏が回復するかどうかということは別の話だが、

悪徳業者がその二つをセットで宣伝して、無知な人が騙されてコラーゲンを購入したのと同じ。

超回復の存在と、48〜72時間で超回復が行われるか否かとは別のはなし。

248無記無記名2017-12-03 23:25:01

>>247

軟膏じゃなくて軟骨だ。

252無記無記名2017-12-04 16:10:57

>>251

初心者の経験則みたいなもんだな。

259無記無記名2017-12-05 12:32:21

>>258

俺はエブリベンチ全然否定してないよ?

あのグラフは横軸をフレキシブルにすれば、じゅうぶん使えると思うなぁ

261無記無記名2017-12-06 12:56:56

>>259が個人的にどうであれエブリベンチを許さないマンや神経系しか伸びないぞマンは既に大量発生してるしね

それに超回復理論の時間軸のヒナ型を無視して個人の解釈でエブリベンチ肯定とか言い出すならそれは全く別の話だわ


282無記無記名2017-12-07 23:00:58

ベンチプレスが筋肥大狙いの種目じゃないだけでエブリトレ自体はやってるビルダー普通に居るよ

48〜72時間で超回復が起こるってのが理論の骨子だけどそれに反してエブリトレで筋力も筋量も普通に伸びるし

>>281

同意

285無記無記名2017-12-07 23:22:09

たったそれだけのことを書いただけなのに、ドヤってると思ったの?

286無記無記名2017-12-07 23:26:50

>>285

こいつみたいにやっぱり超回復信者って頭悪いんだな

簡単な事を難しくしか言えないただの馬鹿

308無記無記名2017-12-10 06:52:52

そのズレた定義の方が使えるからね

あなたのこだわりは批判にしか役立ってない

310無記無記名2017-12-10 17:22:33

>>308

超回復理論を理解しないと宣言したあとは俺の定義の方が使えるからって方に話がずれていくのか

相手の指摘を個人的こだわりと思い込んで役立たないと批判するのにマイ定義は役立ってるようだけどそれってブーメラ(ry

312無記無記名2017-12-11 22:36:21

批判されたという妄想から相手を散々批判した挙句に勝利宣言までしてるとこを見ると脳内敵ってやつと戦ってたのか

>>308が作った定義に批判や賛同をするほど関心ないから意味不明だったけど対話の相手が自分じゃなかったのなら納得だわ

311無記無記名2017-12-10 21:26:59

>>310

そうやって他人の批判にだけは役立っているじゃない

あなたの希望どおりでしょ

俺の定義なら超回復モデルはトレーニングの役に立つよ

これも俺の希望どおり

315無記無記名2017-12-11 23:14:41

>>312

こちらは戦ってるつもりは全然なかったのに、あなたはあったんだね

お疲れさま


317無記無記名2017-12-11 23:55:09

>>316

こいつも何か普通の人には見えない敵が見えてんな

322無記無記名2018-01-02 12:46:57

シンプルな話で筋負荷を与えてホルモンと栄養があればグイグイ成長していくよ

回復という表現が間違っていると思う

回復した結果筋力が以前より増すと考えてしまうから

筋力の増加は回復の結果ではなく合成の結果だからね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする