【音楽】中島みゆき名曲カバーライブ「どこよりも濃い女祭り」 研ナオコは『わかれうた』を親子デュエット

1湛然 ★2018-03-06 21:07:59

2018-03-04 07:00

中島みゆき名曲カバーライブ「どこよりも濃い女祭り」 研ナオコは親子デュエット

シンガー・ソングライター中島みゆきを敬愛する女性アーティスト9組によるライブイベント『中島みゆきリスペクトライブ2018 歌縁 -うたえにし-』が3日、東京・日本武道館で開催された。

同イベントは2015年11月、中島みゆきのデビュー40周年を記念してスタートし、今回で3回目。オープニングアクトは、ガールズバンド・たんこぶちんが務め、クミコ、研ナオコ、島津亜矢、高畑淳子、中村中、新妻聖子、半崎美子、平原綾香が出演した。

女優・のんによるナレーションでコンサートの幕開けが宣言されると、バンドの生演奏で「糸」のイントロがスタートし、新妻聖子がスポットライトを浴びて登場した。優しい歌声で歌い上げると、この日がひな祭りだったことから「ここでは日本中でどこよりも濃い“女祭り”が行われることになると思います」と笑顔を見せた。

次に登場したのは、中島からも歌唱力を認められている中村中。「中島みゆきさんの曲は世代を超えて愛されている楽曲が多い」と言いながらも「恨み節とか…」と例を出し、会場が笑いに包まれる。続けて「努力をしている自分の想いを外に出せない優しい人こそ、中島みゆきさんの曲を聴いてほしい。歌が自分のことを聞いてくれている気持ちになれる」と楽曲の魅力を語ると、「狼になりたい」など3曲を熱唱した。

初登場の半崎美子は「タクシードライバー」を表現力豊かに歌い上げ、観客からの拍手に「緊張が一気にとけました」と笑顔。その後、自身が北海道から上京し、アーティスト活動を始めた当時を振り返りながら「中島みゆきさんの曲が私の人生にたくさん点在しています」としみじみ語った。

平原綾香は「精いっぱい歌います!」と意気込み、「銀の龍の背に乗って」など3曲を披露。クミコは合唱団とともに「世情」を歌い、壮大なステージパフォーマンスで観客を圧倒した。高畑淳子は「化粧」を朗読で表現したほか、「わかれうた」の歌詞を引用しながら、かつての恋人と再会したエピソードを披露して笑いを誘い、島津亜矢は抜群の歌唱力で「命の別名」「歌姫」を歌い上げて魅了した。

ラストを飾った研ナオコは「あばよ」を歌唱後、自虐を交えたトークで会場を和ませつつ、42年になるという中島との付き合いを振り返った。昨年4月、舞台公演でのけがで入院生活を送っていたときに、中島から直筆の手紙が届いたエピソードを紹介。2人の絆の強さを改めて感じさせ、拍手が沸き起こった。

さらに、歌手として活動する娘のひとみをステージに呼び込むと、親子で「わかれうた」「地上の星」のアレンジバージョンを続けて披露した。

アンコールでは全9組がステージに集まり、名曲「時代」を歌唱。8000人の観客を巻き込んだ大合唱で3時間にわたるイベントのフィナーレを飾った。

(>>2以降につづく)

中島みゆきを敬愛する女性アーティスト9組が日本武道館でライブ

新妻聖子

研ナオコ

中村中

ニュース| シンガー・ソングライター中島みゆきを敬愛する女性アーティスト9組によるライブイベント『中島みゆきリスペクトライブ2018歌縁-うたえにし-』が3日、東京・日本武道館で開催された。 同イベントは2015年11月、中島みゆきのデビュー40周年を記念してスタートし、今回で3回目。オープニング...

2湛然 ★2018-03-06 21:08:10

(>>1つづき)

■『中島みゆきリスペクトライブ2018 歌縁 -うたえにし-』

OA 泣いてもいいんだよ/たんこぶちん

01. 糸/新妻聖子

02. 空と君とのあいだに/新妻聖子

03. ひまわり "SUNWARD"/新妻聖子

04. 狼になりたい/中村 中

05. ダイヤル117/中村 中

06. 元気ですか〜 怜子/中村 中

07. タクシードライバー/半崎美子

08. あり、か/半崎美子

09. 帰省/半崎美子

10. 銀の龍の背に乗って/平原綾香

11. 孤独の肖像 1st./平原綾香

12. アリア -Air-/平原綾香

13. この空を飛べた/クミコ

14. 麦の歌/クミコ

15. 世情/クミコ

16. 化粧/高畑淳子

17. 涙 -Made in tears-/高畑淳子

18. ファイト!/高畑淳子

19. 命の別名/島津亜矢

20. 歌姫/島津亜矢

21. 誕生/島津亜矢

22. あばよ/研ナオコ

23. わかれうた〜地上の星/研ナオコ

24. かもめはかもめ/研ナオコ

【アンコール】

25. 時代/全員

半崎美子

平原綾香

クミコ

高畑淳子

島津亜矢

たんこぶちん

(おわり)

187名無しさん@恐縮です2018-03-07 13:19:40


>>1に「かもめはかもめ」が書いてなかったけどやっぱり歌うよな

6名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:10:49

本人なら、歌詞を間違えても許される

7名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:10:53

>13. この空を飛べた/クミコ

なんか一文字抜けただけで間抜けになるもんだな

42名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:33:46

>>7

ワラタ

18名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:14:49

中島みゆきから曲提供されてるならともかく

何の縁もゆかりもない人たちが歌うだけとか誰得なんだよw

しかも中島みゆき本人もいないしw

29名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:24:58

>>18

研ナオコ

28名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:24:20

俺にとっての中島みゆきはアルバム『寒水魚』に尽きる。

261名無しさん@恐縮です2018-03-09 16:40:41

>>28

曲の構成からジャケットまで最高ですね

LPレコードとCDは2枚生涯で買った

60名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:53:17

テレビで見たけど高畑淳子が気持ち悪かったな

69名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:59:13

>>60

去年のヤツはBSかCSで見たんだが、今年は見逃した。もう放映無いんかな

68名無しさん@恐縮です2018-03-06 21:58:03

案外椎名林檎なんかフィットしそう

83名無しさん@恐縮です2018-03-06 22:06:21

>>69

自己レス

調べたら5月にファミリー劇場で放送するみたいね

忘れそうだな

71名無しさん@恐縮です2018-03-06 22:00:25

こういうやつのユーミン版てあるのかな

175名無しさん@恐縮です2018-03-07 12:44:09

>>71

ないと思う。

中島みゆきは「愛」を歌ったから、年取っても歌える(歌われる)けど

ユーミンは「恋」を歌ったから、年取るとキツい。

204名無しさん@恐縮です2018-03-07 17:17:02

>>71

あったよ。確かユーミンの40周年のイベントの時こんなライブやってた。

多分、それの真似してるんだと思う。このライブ。

88名無しさん@恐縮です2018-03-06 22:09:10

『窓ガラス』とか『あばよ』とか、研ナオコが歌う

恋の敗残者の歌はすごくいいんだよな

94名無しさん@恐縮です2018-03-06 22:12:52

>>88

「かもめはかもめ」も凄いよね、今でもイントロだけで号泣する

103名無しさん@恐縮です2018-03-06 22:24:40

>>94

あーきらめました あなたのことは

99名無しさん@恐縮です2018-03-06 22:15:57

隅田娘ギミックで出演しろよ


159名無しさん@恐縮です2018-03-07 08:14:58

>>103

「あー…」のとこにこもった虚無な感情が素晴らしいな

後半の盛り上がりは怜子っぽい


113名無しさん@恐縮です2018-03-06 22:41:40

小林幸子の幸せとか好きなんだけどな〜

141名無しさん@恐縮です2018-03-07 00:03:17

>>113

あれ、もう20年近く前の歌だな

自分も好き

118名無しさん@恐縮です2018-03-06 22:48:59

中島みゆきって越路吹雪の影響をかなり受けてる

129名無しさん@恐縮です2018-03-06 23:00:49

>>118

越路吹雪じゃなくてエデット・ピアフの影響だよ

中島みゆきがピアフの「心の叫び」と「水に流して」が好きだと言っててピアフのベストアルバムにコメント寄せてた

142名無しさん@恐縮です2018-03-07 00:17:12

>>68

>>129

どっちもシャンソン・ルーツの歌唱法

シャンソン批評家の人のブログ

//la-chansonet.com/CagazeFiles/hitorigoto03024.html

145名無しさん@恐縮です2018-03-07 00:53:26

>>129

ピアフの影響を受けた人は、多かれ少なかれ自分の持ってる声以上をやろうとして、ヴォーカリストとしての道を誤る傾向w


130名無しさん@恐縮です2018-03-06 23:01:03

ヒネからは濃厚なダシが取れるからなあ

153名無しさん@恐縮です2018-03-07 05:29:12

>>145

美空ひばり、越路吹雪、美輪明宏、加藤登紀子、中島みゆき、椎名林檎、クレモンティーヌ、小野リサ、石井好子

この人達みんなピアフの影響受けてるけどヴォーカリストとしての道を誤ってるとは思わない

167名無しさん@恐縮です2018-03-07 11:08:13

17. 涙 -Made in tears-/高畑淳子

18. ファイト!/高畑淳子

「涙」はやっぱり前川清を一度見てみたいが、高畑いい選曲。「ファイト!」は自分に酔ってそう

268名無しさん@恐縮です2018-03-09 21:59:47

>>175

こういうやつが中島あげ松任谷下げしててうざい

200名無しさん@恐縮です2018-03-07 15:26:34

財津和夫が輝いているのは、青春を歌っていたからだよ

タイムレスな普遍性を追求する小田和正はつまらないな

同じことがユーミンと中島くんにも言える

みんなに愛されるのはユーミン、リスペクトされるのが中島くん

長嶋と王もそんな感じじゃないかな

215名無しさん@恐縮です2018-03-07 20:43:56

>>200

そうかも知れないなあ。

ユーミンのカバーライブは面子が凄すぎる。ま、本人も登場するからかもだが。

ちなみに3月17日のカバーライブは

久保田利伸、JUJU、原田知世、横山剣、ついでにティンバンアレイのメンバー


203名無しさん@恐縮です2018-03-07 15:53:50

要するに

中島みゆきファンによる

カラオケ大会ですね

210名無しさん@恐縮です2018-03-07 20:01:27

高畑ものすごい形相でファイト歌ってたけど、元気が出る歌とか応援歌と勘違いしてんじゃないかなぁ・・・フルコーラスで聞けば

そういう歌じゃないだろうに

>>203

その通り

205名無しさん@恐縮です2018-03-07 18:12:20

>>204

2007年に大阪で中島みゆきのトリビュートライブってのがあったよ

出演者は坂本 美雨、小泉 今日子、浜田 真理子、斉藤 和義、手嶌 葵、リクオ、窪塚 洋介、一青窈、金子 マリ

女ばかりの出演者じゃなくてなかなか良かったよ

207名無しさん@恐縮です2018-03-07 19:51:26

>>205 トリビュートアルバム「元気ですか」のメンツかな? その映像残ってないのは残念すぎ

286名無しさん@恐縮です2018-03-10 18:01:44

>>205

斉藤和義の蕎麦屋が思いのほか良かった

220名無しさん@恐縮です2018-03-07 23:21:28

>>210

え、応援歌でしょファイトは

安っぽいうわべだけの応援に留まってないだけであって

歌詞の裏に複雑な別のメッセージみたいなのは隠れてないと思うけど。

世知辛い世の中を必死に生き抜け若者よって感じの、中島特有の大きくて優しくて熱い眼差しから語られる若者への応援歌じゃないの?

281名無しさん@恐縮です2018-03-10 11:56:25

>>200

中島くん? みんなに愛されるのがユーミン???

>>215

そうかもしれないな ユーミンのカバーライブは面子が凄すぎる。???

223名無しさん@恐縮です2018-03-07 23:39:43

>>220

歌詞はラジオに届いたリスナーのお便りだもんな

224名無しさん@恐縮です2018-03-07 23:55:40

>>223

それは最初の部分の中卒だから仕事を任せられないという内容のハガキをもらったっていう部分だろ

後の歌詞はそういう内容のハガキがあったかどうかも不明

233名無しさん@恐縮です2018-03-08 08:31:21

>>229 突き放して自嘲気味に歌ってない? だから「途に倒れて男の名前呼ぶかよ!」って突っ込まれるんだよ

「地上の星」の歌いかたも聞き方によっちゃ笑える。だから安心して聞けるのかも

262名無しさん@恐縮です2018-03-09 17:28:52

>>246

>>253

>>256

平原綾香には異常なキチガイが粘着している

某音楽番組でも出現して、ちょっと名前が出ただけの平原を番組の流れとは関係なく叩き続けていたw