【感染症】米カリフォルニアで小学生2人がハンセン病発症か?待たれる診断結果[10/04]

1朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/2016-10-04 23:23:35

2016年10月04日 11時21分

タイで発症したハンセン病患者の手のX線画像。皮膚への病変のほか、末梢神経の肥厚、運動障害、知覚障害などの症状がある(提供:米国立保健医学博物館National Museum of Health and Medicine)

今年は日本で「らい予防法」が廃止されてから20年の節目の年。かつては偏見や差別があった「ハンセン病」だが、治療薬が開発された現在は、

早期発見と治療で後遺症を残さずに治るようになり、発症自体が稀になった。そうしたなか、米カリフォルニア州で先月初め、小学校に通う児童2人に発症の疑いがあるのがわかった。

ルイジアナ州の米国国立ハンセン病研究所プログラムは先月、カリフォルニア州ロサンゼルスから60キロほど

内陸に離れたジュロッパ・バレーにある同じ小学校に通う児童2人がハンセン病を発症した可能性があると発表した。

ハンセン病は、らい菌が原因の慢性感染症で、発症すると皮膚と末梢神経に病変が起こる。免疫系が十分に発達していない乳幼児期にらい菌を持った未治療患者と

頻繁に接触すると、咳やくしゃみなどの飛沫によって、病原体を吸い込むことで感染するケースがあるが、感染から発病までには数年から数十年の潜伏期がある。

国立感染症研究所によると、現代の日本で新たに発症する患者は、毎年1〜2人程度にとどまるが、

一方で、ブラジルやフィリピンなどからの出稼ぎ労働者が日本で発症するケースが目立つ。

2014年の世界保健機関(WHO)の調査によると、インドやブラジル、インドネシアなどを中心に

世界では年間約22万人が新たに発症しており、国際的に見ると、ハンセン病は決して過去の病ではないのだ。

一般に感染の疑いが持たれた場合、皮膚の診察から近く検査、菌の採取や病理診断などさまざまな検査を行うことから、

カリフォルニアの小学生の診断には数週間かかるとみられており、地元ではその行方に注目が集まっている。

しかし、一方で2人が通う小学校では我が子の通学を拒否する保護者も出てきており、地域の保健当局は

学校の教室の除菌作業に追われるなど、すでにパニックが起きており、保健当局が冷静に対応するよう呼びかけている。

日本国内で新たに確認されるハンセン病患者の数は年々減少しつつあるが、一方で在日外国人は年間5人程度いるという(提供:国立感染症研究所)

電子顕微鏡で見たらい菌(提供:国立感染症研究所)

75名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 09:22:36

>>1

ほら見ろ、

ハンセン病は、うつるじゃん


11名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-04 23:42:40


> ブラジルやフィリピンなどからの出稼ぎ労働者が日本で発症するケースが目立つ

大問題じゃないのかこれ

58名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 06:04:59

>>11

自民党と経団連の都合が悪くなる事はスルーだよ

アイツラ自分達が金儲けできれば国民がどうなろうと知ったこっちゃないからな

20名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 00:04:00

パペラキュウ

116名無しのひみつ@\(^o^)/2016-11-25 10:27:12

>>10

菌は完全に除けるはず

問題は治療が遅れて顔とかが変形しちゃったりすると

病気が治っても元には戻らないのでそこは整形するとかしかない

ブラックジャックを読んだ限りはそんな感じ

>>20

あんな厄介な病気じゃないから安心しろ


22名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 00:11:31

日本も対策を打てよ。  何やってんだ厚労省。 年金でギャンブルばっかやってんじゃねーぞクソが!。


25名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 00:18:28

>>22

日本のハンセン病の悲惨な歴史を知らないなんて、それだけは勉強しておけ。

治る病気なのに隔離や断種をやっていたんだよ。

それも20世紀末までやっていた。


87名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 11:38:34

>>25

ある意味しょうがない

ハンセン病患者のために予算を取りたいと思った医者が、

ハンセン病の危険を大げさに言って、そのために過剰な措置になってしまった

政府だって、好き好んで税金を使いたくはなかったはずだ

132名無しのひみつ@\(^o^)/2016-11-26 00:38:17

>>25

いつから治るようになったと思ってるんだ。

31名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 00:22:59

>ブラジルやフィリピンなどからの出稼ぎ労働者が日本で発症するケースが目立つ。

この状況で移民受け入れとかもうねw

39名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 00:42:58

日本では戦後のどさくさに朝鮮から6000人ものハンセン病患者密入国し

暴れまくったわけ

だから隔離した

当たり前や

106名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-26 08:25:02

>>39

無知にもほどがあるな!

隔離政策は明治期から始めとるがな

46名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 01:44:24

こう言う言い方は失礼だけど、移民やら難民を受け入れるとこういう病気が増えそう。不衛生なアジアの東南、特亜が日本に訪れているからな。毛じらみやはしかが増えているのがそうだわ。近所の阿呆のヤブ医者が気づかないで手遅れになる未来が見えてしまうわ。

63名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 07:30:48

>>46

ゾンビ映画観たらどうなるかわかるよ

感染者が拡がって軍が出動して最期は全員滅ぶ

49名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 02:50:22

らい病と書かんと一瞬で判断できん

56名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 05:55:06

スタンハンセンの

「ウィー!」ってのは

ジェスチャーの形からして

We、のことなのかい?

88名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 12:20:35

>>56

ハンセンの指の形はロングホーン

つまり牛の角です

59名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 06:08:25

>>46

ヤブ医者じゃなくても今の医者はハンセン病自体直接診察したこと無いから普通に見逃しちゃうだろ、結核だって最近増えてるのはそのせいだし

70名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 08:37:17

昔、早稲田の大隈講堂の横の洋食屋でご飯食ってたら

ハンセン病患者の団体がぞろぞろ入ってきて

俺の横に来て「大隈講堂はどこですか」とか聞いてきたんだよ。

ポタポタと体液みたいなのが俺のコップの中にはいるし、堪らんかったわ

人類とハンセン病患者は居住地域を完全に分けるべき。

お互いにとってそれが一番いいと思うよ。

89名無しのひみつ@\(^o^)/2016-10-05 12:29:47

>>88

くだらん割りに感心してしまった

119名無しのひみつ@\(^o^)/2016-11-25 21:40:22

ハンセン病には特効薬があるから。感染力は弱いし。

結核の方が厄介だわ。患者も多い。新規に移民がやってくれば、もっと危険。

124名無しのひみつ@\(^o^)/2016-11-25 22:54:37

>>119

>結核の方が厄介だわ。患者も多い。

日本で必死になって隔離政策が行われていた頃に絶対隔離政策に反対していた

(ノルウェー式の相対隔離を推薦していた)京大病院皮膚科泌尿器科の小笠原登医師が

院内の看護婦・医師を含めた病院関係者について調査したところ、

①結核:4割が保菌者だった。

②ハンセン病:当時の日本人の2000人に1人が保菌者だった。

0.4/(1/2000)=800

「保菌率の比較では、ハンセン病は結核の800分の1でしかない」という結果が出た。

小笠原登「感染力が強く死亡率の高い結核患者が町を普通に歩いているのに、

感染力が弱く死亡率の低いライ病患者ばかりが強制隔離されて虐げれているのはおかしい」

128名無しのひみつ@\(^o^)/2016-11-25 23:20:30

ハンセン病を発症している母親が子供を産んだ場合、

①そのまま普通に母親と一緒に生活した。

②生まれてすぐに母親から引き離し、最低5年間は他所で育て、その後は普通に母親と一緒に生活した。

を比較したところ、

①子供の3割が後にハンセン病を発病した。

②発病者は、ほぼ0(200人に1人)だった。

という結果が得られた。

このことから、ハンセン病は遺伝病ではなく、

発病者から(免疫の弱い乳幼児期の数年間だけ離れて生活すれば感染しないことが分かった。

日本では、>>124や上記↑のような具体的な数字を伴うデータの類が公表されないまま、

平成に入っても、断種のための強制堕胎・隔離政策が「らい予防法」の法律の下に続いていた。

129名無しのひみつ@\(^o^)/2016-11-25 23:26:24

インドなどにハンセン病患者が多いのは、現代日本とは違って「多産多死社会」で、

発病者である親から大勢の子に濃厚な接触による感染が続いていて、

患者の多い貧しい農村地方には治療薬がなかなか行き届かないから。

137名無しのひみつ@\(^o^)/2016-11-26 19:33:58

ハンセン病は「治らない病気」なんだよ。

現在でも。

「ライ腫型ライ患者」は一生薬の投与が必要な「患者」であって、

「元患者」という概念はありません。彼らは定期的に検診や投与を

受けなけらばならず、それを止めれば症状は進行する。

確かに薬を5年も投与すれば症状は沈静化しますが、完治はしないし

糜爛・変形した部分が元に戻ることもありません。

よく言われる「特効薬プロミン」だが、あれは静菌作用しかなく、

殺菌力は無い。増殖を抑えるだけのもので、一般に化学療法剤を

かぶって、生き残った菌は、変異しやすく、耐性を持つとともに、

増殖を再開することもある。

ライ菌に限らず、耐性菌というのは、根治させずに中途半端な治療を

繰り返すと出現するもので、感染病医療の世界では やってはいけないことの一つ。

現在のハンセン病治療のようにプロミンを常用していると、何年後かには

体内に耐性菌が蔓延して効かなくなってくる。

特にライ菌は耐性獲得能力が優れているので。

じっさい既存の薬剤に対する耐性が極めて高い「新型のライ菌」が確認されており

感染力も高く、これに対する有効な薬剤は現在のところ存在しません。

138名無しのひみつ@\(^o^)/2016-11-26 20:59:00

>>137

静菌作用かあれば、MICさえ維持してれば耐性菌はできないだろ

>ライ菌に限らず、耐性菌というのは、根治させずに中途半端な治療を

>繰り返すと出現するもので、感染病医療の世界では やってはいけないことの一つ。

そうそう、んで、中途半端な治療じゃなくMICを確実に維持するためには、隔離して投薬状況を管理する必要

があるんだよね

>じっさい既存の薬剤に対する耐性が極めて高い「新型のライ菌」が確認されており

>感染力も高く、これに対する有効な薬剤は現在のところ存在しません。

あちゃー、隔離政策を徹底しないとそうなるわな

これで儲かるのは、新たな抗生物質(耐性が行くところまで行くと、いくら探してももはや無いかもしれんが)

を開発できる製薬会社なんだよね

製薬会社が人権屋のスポンサーってこった

145名無しのひみつ@\(^o^)/2016-12-06 19:17:07

>>138

妄想)静菌作用かあれば、MICさえ維持してれば耐性菌はできないだろ

現実)耐性菌、再発頻発で問題化

146名無しのひみつ@\(^o^)/2016-12-07 15:42:17

>>145

>>138

>MICさえ維持してれば