お坊さんって認知症になったらどうなるの?

1名無しさん@京都板じゃないよ2011-08-18 21:00:27

お経が唱えられなくなっちゃう!

38名無しさん@京都板じゃないよ2012-02-18 10:16:06

>>1

読み始めた御経が終わらなくなるけど誰も止められず悪夢の苦行が延々と続く

3名無しさん@京都板じゃないよ2011-08-18 21:08:13


仮に悟って煩悩がなくなった人がいたとして、

その人が認知症になったら、どうなるんだろうか?

悟りを忘れちゃうこともあるのだろうか?

8名無しさん@京都板じゃないよ2011-08-31 00:08:10

>>3

煩悩とか悟りとか言っているうちは煩悩。

ボケたら苦しみを感じなくなるからそのままが悟りの境地。

6名無しさん@京都板じゃないよ2011-08-19 01:20:10

クソコテのランボーに聞いてみ

あいつ結構進行してるみたいだから

10名無しさん@京都板じゃないよ2011-08-31 00:49:55

>>8 認知症患者は何もわからなくなるわけじゃないですけどね。

不安や悩みを抱えながら毎日過ごす。

もし、昼食食べた覚えないのに、家族から

「さっき食べたでしょっ!」って怒られたら…

25名無しさん@京都板じゃないよ2011-09-11 14:13:14

>>8

ぼけたら苦しみを感じなくなるというのはちょっと認知症に対して知らなすぎる

認知症になると、嫌なこと苦痛だということを周りに上手く伝えられなくなる

はっきり苦の極みだよ。他社との関係性から苦を和らげることができくなるんだから。

13名無しさん@京都板じゃないよ2011-09-04 18:51:53

熱心に仏を拝んでいれば認知症などにはならない

14名無しさん@京都板じゃないよ2011-09-05 12:32:49

>>13 脳を使って認知症予防法効果はあるかもしれないが、

脳の病気である認知症も四苦のうちの病苦に含まれる。

18名無しさん@京都板じゃないよ2011-09-07 18:30:19

お経を途中で忘れて無限ループで読経するようになります

いつまで経っても読経は終わりません

20名無しさん@京都板じゃないよ2011-09-08 16:26:27

坊さんって平均寿命が長いらしいな。

坊さんで年取ってもボケた人ってほとんどいないと思わない?

なんでだと思う?

ボケない理由は股関節が柔らかいから。

股関節が柔らかい人は年取ってもボケないらしい。

坊さんがなぜ股関節が柔らかいのかと言うと、座禅を組むから。

あれはボケ防止にかなり効果があるらしい。

座禅はやった方がいいよ。

22名無しさん@京都板じゃないよ2011-09-09 15:56:54

>>20

浄土真宗とか禅宗以外の宗派はどうなんだ?

個人的に定期的にお経を読んで記憶の出し入れをするからボケないんだと思う。

26名無しさん@京都板じゃないよ2011-09-11 18:53:33

やっぱり修行してる人って全力で煽られても平常心を保てるようになるの?

昔テレビの企画でやってたけど、

心拍数だか計って坊さんだけ凄い煽り耐性あるって

結果が出てた

35名無しさん@京都板じゃないよ2011-10-19 20:23:07

介護職だが、痴呆坊主の入所もよくあるぞ。

ボケても聖者な坊主もいれば、本能剥き出しな困った坊主もいるから、

結局は人によりけり。

44名無しさん@京都板じゃないよ2012-05-10 19:15:53

うちのじーさまが遷化カウントダウンだった頃、病室で毎朝お経をあげ始めたと。

もうだいぶボケが来てたから、ばーさまが経本持っていったら、まだそんなに

ボケてないわい!!数珠もってこい!!と怒ったそうな。

坊さんは死ぬまで坊さんなんだな。

47名無しさん@京都板じゃないよ2012-05-13 13:51:31

>44

かっけぇ

そう在りたいモンだね

46名無しさん@京都板じゃないよ2012-05-12 18:43:02

呆けるとランボー法師みたいになるよ

65名無しさん@京都板じゃないよ2013-04-23 22:44:52

Q.霊が見えることで嫌な思いをしたことは?

A.私の場合怖い思いをしたことはないんですが、

夫の葬儀での読経の最中に夫の霊が木魚のリズムに合わせて

お坊さんの頭を叩いているのが見えて、堪えきれず爆笑したところ、

親戚の強い勧めで精神科を受診させられたことがあります。

73名無しさん@京都板じゃないよ2015-01-28 03:07:41

めっちゃ亀レスだけど、>>65を想像したらこの丑三つ時に笑いが止まらん

私も他人から見たら強く受診を勧められそうだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする